カン、アル。カン、アルッ!!

2018-10-24

スタックあかねです。

そう言えば、先日テレビで、アンデルセン公園の缶アートの放送をしていました。

ただの缶をアーティストの手によってステキなアートに変身させてしまうものです。

私と娘も、ちょうどそのアート展を観に行った後だったので、その素晴らしさに共感です。

以前ブログでも少し触れた話かもしれませんが、改めてテレビで見ていて、やっぱすごいな、アーティスト!と思ったので、、、

どこにでもある缶。

ただの缶が、本当に素敵な作品になっていて、直接触れたり、中に入れたり楽しいアート展でした。

何より発想がすごいですね。

日常にあるものでも、なんでも素敵なアートに変身できるのですね。

錆びて転がっているだけの缶、見向きもされずに通り過ぎて行く缶に命が宿ったようです。

私は、昔から物を作ったり、描いたりがとても好きでした。

学生時代は一時期イラストレーターになりたいなぁなんて思っていましたが、私は見たものをそのまま形にしたり、描きおこしたりする事の方が得意だったので、向いていませんね。。

でも、日常の中にも、見方を変えれば素敵なアートが広がっていること、当たり前の見方ではなく、違う方向からも物事を見て行ったら面白い発見がある、と「カン、アル。カン、アルッ!!」を観に行って思いました。

日常の中の素敵なアートを探して毎日過ごせたら楽しいですね。

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2013-2014 any-k’s ”エニーケイズ” All Rights Reserved